Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)「 2つの看板メニュー!!」

ようこそ

Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)「 2つの看板メニュー!!」

2020-08-05

六甲道のツタヤの南に今年2012年の3月3日にオープンしたお店。
それが「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」です。
外観です。
P1000677_ks.jpg
オーナーシェフは車田智昭さん。
でも店名の「博」!!
P1030025_ks.jpg
由来はお店で聞きましょう。
こういう店名のつけかた個人的に好きです。
中華屋さん?ラーメン屋さん?と聞かれたら迷わずラーメン屋さんと答えます。
このお店には2大看板メニューが存在します。
汁そば(鶏がら塩味)650円
P1080706_ks.jpg
ローメン(汁なし油そば)650円
P1000676_ks.jpg
この2つです。
他のメニューも美味しいのですが、この2大メニューがあまりにも巨大すぎなので、
正直あんまり覚えてません。
他店の油そば(ローメン)を食べて、あんまりよい印象がなかった油そばの印象が180度変わりました。
ここのを食べて、感動しました。
基本的にラーメンをお店で食べてもスープは全部飲みませんが、
ここの汁そばだけは、いっつも飲み干します。
一番最近に食べたのは、油カスらーめん850円です。
第3のラーメンの出現か!!と思い、入店したのですが、
ベースは汁そばでした(笑)
営業時間は、18時から26時!!
飲食店やってる人が、お店終わってから、ゆっくり食べてもらえる場所を提供したい。
そんなことでこんな営業時間と聞いてます。
夜中にいけば、あなたの知ってるお店の人に会えるかもですね。
カウンターだけのお店ですが、子供連れでも大丈夫です。
普通の常識のある家族連れなら、なんの問題もないです。
基本的に早い時間帯は、比較的空いてると聞きました。
そんな時間帯がねらい目ですね。
最後に思い出しました。
ここのぎょうざのタレには、神戸では有名な味噌だれ!!があります。
でこの味噌だれがかなりいけます。
好みですが、ぜひ一度この味噌だれを!じゃなくてぎょうざを。
個人的に一番おすすめのサイドメニューです。
P1080707_ks.jpg
帰り際に店主さんをぱちり。
P1030024_ks.jpg

現在バージョンの店主さま。

ご馳走様です。
今度はどっちのラーメンにしようかなと。
食べてすぐに次回ので迷うのも楽しみの1つですね。
メニュー表です。
その日の限定メニューもあるので、お楽しみに。
P1080704_ks.jpg
P1080705_ks.jpg
今日もご馳走様でした。

最近の来訪記事

チャイニーズキッチン博の限定メニュー!!
究極の選択!!あなたはどっち?!
二大ラーメンだけじゃなかったよ!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」
六甲道が誇るラーメン店です!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」
どっちか選べ!!!命令だ!!と言われたら「チャイニーズキッチン博」
冷し汁そば!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」
進化してる!!気がする!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」
ランチ始まりました!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」
ラーメン以外も美味しいよ!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」
期間限定の冷やし汁そばを食す!!「Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)」

お店の情報

店名

Chinese Kitichen 博(チャイニーズキッチン博)

電話番号

078-811-3337

所在地

神戸市灘区深田町3-5-2 1F

営業時間

11:30〜15:00※ランチは火曜日から土曜日のみ
18:00~未確認
定休日:日曜日
2019年1月よりランチ始まりました。

その他

カウンターあり。全面喫煙可。
Twitter:https://twitter.com/ChineseHiro


ウォーターサーバー
家事お手伝いサービスダスキン

コメントを残す

*

PAGE TOP



六甲道どっとこむ
六甲道にはすごいお店がいっぱいある、でもそのお店の本当の良さを伝えている情報ページがあまりにも少ない。
じゃあ、もっとたくさんの人に、この六甲道の良さを知ってもらおう!!
実はこうした友人との雑談の中からの「思いつき」で始まったのが六甲道どっとこむです。




MENU

CONTACT
HOME